• 夜景
    投資にはいくつか種類がありますが、ゴールドとマンションに投資するのもその中の種類です。
  • マンション
    自分の将来について考えたとき、今のような収入が得られなくなって年金に頼ることになっても、果たしてその年金で不自由なく生活していけるのか・・・

資産を運用しようと考えるときは、やはり将来の自分や家族に残しておきたいという思いが強いものでしょう。自分が特に不自由なく老後を送っていくため、また自分が家族を残して先立ってしまったときに家族が生活に困ることのないようにお金を残しておくために運用を始めようと考えるものです。

そのとき、いざ将来に使おうとした際にどのような形で資産が残っているかもポイントの1つとして考慮に入れておくのがよいでしょう。ゴールドとマンションの投資に関しては、特にその資産の状態は違ってきます。

ゴールドは実物資産と言われますから、実際に現物を購入してある場合、いざお金が必要になった時点ではゴールド商品の現物が手元にあることが多くなります。相場価格と連動している金融商品を購入している場合はその債券などが手元にあることとなります。そこから現物を売却して現金化するわけです。

変わってマンションの場合、住宅ローン返済が終了して以降の賃料収入を資産としますから、お金が必要になった時点でローン返済が終わっていなければ苦しくなることは否めませんが、既に返済が終わっていれば、毎月毎月収入を得られることになります。ただし、まとまった金額を一度に得る形ではなく、まさに年金のような形で現金を手にすることとなるわけです。

将来的に現金として残る形を考えたときに、かたや一度に現物分の金額をまとまって受け取る方法、かたや半永久的に毎月少しずつ受け取る方法と言うことができます。

投資方法として認識されている方法の中でゴールドと同様に有用性が注目されているのがマンション投資です。これは、商品として取引を行うという概念とは少し違い、そこにある流動的な価値である不動産価値をもとにして運用していくものです。

商品の価格相場を計算する必要がないため、仕組みとしてはそう難解ではありません。自分で購入したマンションを入居者に賃貸することで賃料収入を得て、その金額を資産とする方法です。ただし、そこにはマンションを購入した際の住宅ローン支払いや、マンションの設備や建物に対する維持費、固定資産税などの税金その他諸費用が絡んできます。

毎月入居者から賃料を得たとしても、それがそのまま収入になることはなく、その中から上記のような支出を賄う必要があります。それでは資産運用にならないのでは、とも思ってしまいますが、マンションが運用の効果を発揮するのは、住宅ローンを返済した後と考えることができます。

経営している年数の中で、最初から賃料収入が諸費用の合計を上回ることはほぼ難しいものです。つまり、本当に利益が出るまでは物件を管理・維持することに重点を置く必要があり、そこで得た賃料を諸費用に回すやりくりに費やすこととなります。

住宅ローンを35年返済で組んだとしたら、経営を始めてからローン完済までの35年は資産を現金化しての活用は考えない方が賢明です。ただし、その諸費用の大半を占めるものがローンであることから、ローンを完済してしまえば、次回以降支払う必要のなくなったローン分を収入とすることができるわけです。

その年数の間にも、建物の劣化が進むことは避けられないため、コンスタントに発生する費用以外に修繕費も必要になりますし、それでも建物の価値はやはり下がってきます。また、常に全ての住居を満室にできる保証がなく、入居率によって賃料収入が変動することもあって、そうした長期的なやりくりを要する方法がマンション投資であると言えます。